TODOリストと備忘録の違いを知って使い分け。

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

長男が、私の大好きなお好み焼きを作ってくれました♪

何度も作っているので、私よりも焼くのが100倍上手(笑)

失敗したこともありますが、今はほとんど失敗しません。嬉しくて、美味しくて、つい泣いてしまったことはナイショ(笑)

失敗と言えば、私がこれまで「失敗してたなあ」と思うことがあります。

私がやっていた手帳の失敗

私の失敗とは、TODOリストと、タスクリストそして備忘録。

「それぞれの役目をきちんと分けていなかったこと」です。

 

(1)まず、今週やることリストを、手帳の左スペースに作成。

ウィークリー左端

 

関連記事>>オリジナル手帳のご案内

 

(2)週の途中で思いつくたびにドンドン追加

週の途中で、

 ・割り込んできたこと

(別に今週じゃなくてもいい仕事の依頼)

・やりたいなあ~と思ったこと

(いつでもいいけど、できたらやりたい)

アイデア的なもの

(これやってみたらいいんじゃない?みたいな、思いつきやブログネタ)

これを、出てくるたびに左スペースに追記していました。

手帳を書く手

(3)キャパオーバーになる(汗)

こうして行くとどうなるか?というと、

 

「やらないといけない事が、延々と増えていく」

んです。

そして、増えていくから、キャパオーバーになって、

「今週はこれだけやることが残った・・・」

「全部できなかった・・・」

と、なる。

 

(4)結果、ガックリする

その結果

  • なんか私って、段取り悪い・・・
  • なんか私って、時間の使い方がヘタ・・・
  • ガックリ・・・_| ̄|○

 

いや・・。

いや違う。

多分、そうじゃない(-_-;)

 

これは、そもそもの使い方がまずかったんじゃないかと。

TODOリストの定義

TODOとは
「明確な締め切りは決まっていないけど、ある一定の期間内にするべきこと」

 

つまり、ウィークリーの左スペースに書くのは、

「明確な期日は決まっていないけど、今週するべきこと」

というくくりになりますね。だから、

  • 週の途中で割り込んできたことや、
  • いつかやったらいいなあと思いついたこと
  • アイデア的なメモ

みたいな、今週じゃなくてもいいかもしれない事は、いきなりここに書くべきじゃないんでは?と。

 

特に、私はもともと「アレもコレもと、ついつい詰め込みすぎたり」「思いついたらバッとやりたくなる性分」(苦笑)

 

関連記事>>私がADHDと気づくまでのこと(1)

 

だから、手帳に書く前にまず

  • 忘れなければいい程度なのか?
  • 来週、再来週にやればいいのか?
  • 今週やる必要があるのか?

それを見極める必要があるんじゃない?って、気が付きました。

とりあえず書く場所は 備忘録(びぼうろく)

【備忘録】とは

忘れたときの用意に用件などを書きとめておく帳面。メモ。

(デジタル大辞泉より)

 

これを踏まえて、変えてみた手順はこうです↓

(1)思いつきや、急な仕事などがはいる

 

(2)メモ帳やノート(備忘録)にまず書き出して、

 

(3)必要ならTODOリストへ転記。

 

すっごく単純なルールですが、とても効率がいい!!

一旦ふるいにかけることで、

  • 最優先すべきことが見えやすいし、
  • 放っておいていいことが明確になる

ので、気持ちもラクになります。

 

書き出せる場所があることで、頭の中もクリアになりますしね(*^^*)

集中力が切れやすいし、ちょっとした事で脱線しがちな私。

だから、「ん~~、どうしようかな~?」と考える時間を減らすことはとっても有効だと感じています。

 

メモは、業者さんにいただいたものをたちまち使っていますが、これが使い勝手がよくてハマっています。無くなったらどうしようかな(^^;)

メモ帳

 

こんな感じで備忘録を作るようになってから、ちょっと時間が出来た時や、脱線しそうな時(笑)に戻ってこれるようになって助かってます。

関連記事>>「サザンアイズ」と「不滅のあなたへ」に学ぶ 仕事中の現実逃避の防止対策とは

【日曜日始まりバーチカルの手帳作ってます】

巷であまり見かけない
『日曜日始まり・7日間均等割バーチカル』
の手帳を手作りしています。

仕様やご注文など詳しいことはコチラからどうぞ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください