他人に自分のオールをまかせない比べる基準軸は他人じゃなくて◯◯◯

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

 

毎朝、子供たちは沢山の荷物を抱えて、元気に学校へ行ってくれます。

思えば、保育園の頃は、荷物全てを私が抱え、さらに子供を抱っこして、送り迎えしてました。

 

この上に、2歳ごろのイヤイヤ期なんて、言うことも聞かないから毎日が大バトル。長男と次男の機嫌が悪い日、私が体調が悪い日、仕事が立て込んでどうにもならない日。

泣きたくなる日もあったし、実際、泣く日も沢山ありました。そう思うと、

「成長したなあ・・・・」

後ろ姿をみて、感慨深くなります。

(これは夏の写真ですが)

 

人って必ず成長していきます。子供はもちろん、大人もそう。

見た目にわかりにくくても、数年前の子供たちと比べると、違ってきていることがよくわかります。

 

その比べる物差しを『外=他人』にしてしまったらどうでしょう?

というか。

私がずっとずっと、他人をものさしにして自分の価値を測っていたんです。

・ □□さんの方が仕事がよく出来る

・ ◯◯さんの方が、優しいお母さんだ

・ ▲▲さんの方が、稼いでいる

 

子供にだって、

・ ◯◯君は、もう夏休みの宿題できたんだって。

・ □□ちゃんは、あんなにハキハキしてるのに、どうして引っ込んでるの?

今はあまり思わないです。

だって、仮にその人を超えた所で、世間にはもっと上の人が沢山います。下の人も沢山いるでしょう。どんなに素晴らしい成績を残した所で、追い抜かれる日はやってきます。

 

人と比べて落ち込んでも、喜んでも、誰の得にもなりません。

 

そして、これ大事なんですが、自分が勝手にものさしにしているあの人は、こっちが喜ぼうが落ち込もうが、まったく関係のない、自分の人生を歩んでます。

「お前が消えて喜ぶ者に、
お前のオールをまかせるな。」

by 中島みゆき

消えて喜ぶ人はそんなにいないと思いますが(^^;)でも、意味合いとしては同じです。

自分が喜んだり、悲しんだりする基準を他人まかせにする人生なんて、面白くないです。

 

今でも「自分よりすごい!!」(と、自分が勝手に思ってる人)を見ると、心がザワッとしたり、落ち込むことはあります。

あるけども。

 

大切なのは、自分も子供も。

「過去の自分を超えているかどうか?それだけを見る」

秋の空

どんなときでも基準は自分

 

私にとって、それを確認するための具体的な方法は、手帳に色んな事を書き留めておくことです。

手帳を書く手

 

成長の度合いって、目に見えにくいし、本当に少しずつ。

 

だから、3ヶ月、半年、1年とか、大きなスパンで見ないと実感できないんです。

・ スケジュールや、

・ 日々感じたこと、

・ 行動したこと。

それを、日々書き残していくだけで、

 

「人と比べないでいい、世界に一つだけの自分だけの良さ」

 

が浮かび上がってきます。これを実感し始めて、毎日がとても楽しくて、ラクになりました。(*^^*)

ぜひ、今日から。書き残して見てくださいね。

 

【日曜日始まりバーチカルの手帳作ってます】

巷であまり見かけない
『日曜日始まり・7日間均等割バーチカル』
の手帳を手作りしています。

仕様やご注文など詳しいことはコチラからどうぞ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください