子どもの寝相と愛おしさ。我が家の六畳間物語

夫婦ともども寝不足の朝を迎えました。

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

あ、寝不足ですが、残念ながら「愛と色気のある理由」ではない(笑)のです。

寝相の悪い子どもたちに、蹴られたり、パンチされたり、はたまた抱きつかれたり。兄弟それぞれが(無意識で)私と夫に向かってくるので、安眠妨害も良いとこだったんです。

でもでも。

決してイヤなだけでは無くって。

生まれてわかった、寝られない辛さ

赤ちゃんが生まれるまで、寝られないって、こんなに辛いと知りませんでした。

単に寝られないだけなら、仕事の締め切り前とかある事なので、耐えられなくもないんです。

睡眠時間に限りませんが「育児の大変さ」の原因というか根源って

 

『全ての時間を、自分でコントロールできない事』

 

じゃないかなと。

眠くて眠くて爆睡モードになってるのに、強制的に起こされちゃう。しかもそれが何度も、何ヶ月も続きます。

 

家事とかもそうなんですよね。

 

『やった!昼寝した!今のうちに、掃除して下ごしらえして、、、。あ、録画してたドラマ見たい!』

 

と、ノリに乗ってお鍋を火にかけた途端

 

『ほぎゃあああああ』

 

Σ(゚Д゚)!!・・・・・・・

強制ストップ。

 

いや、あの何とも言えない大変さ。しみじみ思い返します。

へそで茶をわかす

寝ながら蹴られたり、パンチされたり

乳児期、夜泣きの時期を過ぎると、6時間続けて眠ることもできるようになりました。

「ああ、、しあわせ♡(*´∀`*)」

と、眠りについた夜中に

 

『ゴスっ』

 

みぞおちに強烈なキック。

寝相が悪く、なのに無意識に甘えてくるんでしょうか、、、。時にそれは頭突きになり、時に強烈なパンチになります。

『ふぬぉぉぉ!!、、、、』

真っ暗な部屋の中で必死に耐えながら、張本人の子どもを見ると、そりゃあもう、可愛い寝顔で寝てるのです。

 

『、、、、チクショウ、、、かわいいじゃん。。。怒れないじゃん、、、、涙』

 

あ、どうもこれは全国各地で起こっている事みたいです(苦笑)↓

(うんうん、めっちゃ分かります!)

 

(素晴らしい!その耐え抜きに拍手!)

 

 

そんなバトル(?)が繰り広げられてきた、我が家の和室。六畳間なんですが。最近、狭くなってきた事に気がつきました。

 

、、、いえ、狭くなったんじゃないんです。

 

子供たちが、大きくなったんです、、、。

 

ふと気がつくと、狭くなってきた六畳間

親子4人で布団を引いて、川の字(プラス1)になっている六畳の和室。

4人で寝るには、だんだんと手狭になってきました。何より、そろそろ思春期を迎える子ども達の方が

 

「別々の部屋で寝たい」

 

と、言い出すのも、時間の問題かもしれないわけで。

朝、布団をたたみながら、夜、子ども達の寝顔を見ながら。

 

『ああ、この時間て、宝物なんだよな』

 

ちょっと切なくもなるんです。寝不足で、ダメージ大きいけど(苦笑)

多分、今はとても充実してる時

最近、帰宅後もう一度仕事場に行く事が多いので、子供達と一緒に寝付くことがありませんでした。

今日、久しぶりに同じ時間に寝に入ったら、長男がまあしゃべるしゃべる(笑)

長男
お母さん、来週も忙しい?
夏夕
うん、もう少し続くんだ。ごめんね。
長男
大丈夫だよ。大変だね。がんばってね。
夏夕
ありがとうー。゚(゚´Д`゚)゚。
長男
ところでさ、こないだテレビで見た回転寿司のキャンペーンでね、寿司ネタが三色だったの。
夏夕
うん?
長男
赤とオレンジとピンクで。
長男
で、俺なりにあの部位はどこだろう?って推測したんよ。
長男
マグロだったら、大トロはこの辺で、中トロはこの辺。赤身はこのあたりだから~・・・(云々かんぬん)

 

、、、なんか、いい話っぽかったのに、途中から延々と寿司ネタの話に(笑)

 

でも、こういう言ってみれば「どうでもいい話」を、延々と聞く時間ってなかなか無いんですよ。特にワーママしているとホント、日々いっぱいいっぱいなので。

だからこそこの時間は愛おしいし、大事にしたいなあと思います。

 

・・・・ま、それにしたって、蹴りをいくらか回避する方法は見つけないといけないかな(笑)

母もレベルアップを目指します(*´∀`*)

何のレベルアップかは謎(笑)

 

【日曜日始まりバーチカルの手帳作ってます】

巷であまり見かけない
『日曜日始まり・7日間均等割バーチカル』
の手帳を手作りしています。

仕様やご注文など詳しいことはコチラからどうぞ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください