メルカリ出品デビュー。そこで見えてきた 物の見方と子どもの可能性

この度出品デビューいたしました!!

メルカリ

(画像は公式HPよりお借りしています)→公式サイトはこちら☆☆☆

 

 

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

お母さんが時間を得るには、物を減らすことってとても効果的と、私は常々感じてます。

 

不思議なもので、物が増えると、自由な時間が減ります。

物を減らしていくと、徐々に自由な時間が増えていくんです。

これは思うに、ちゃんと理由があって、

物が多い

→ 目に入る情報が多い

→ 意識=時間を奪われる

(あ、あれ片づけなきゃ、これもやらなきゃ、なんで散らかすのよ!)

→ 自分が自由に考える時間が減る

→ 時間がない

 

みたいなサイクルです。だから、物が減るのは時間を生むのにはかなり効果的。

かと言って、やたら減らせば良いってものでもなくて(^^;)

一気にやるとケンカの元。

「なんで勝手に捨てるんよ!!(# ゚Д゚)」

「だって片づけんでしょうが!!(゚Д゚)!!」・・みたいなね

 

なので、ゆっくり、徐々にやっています(^_^;)

この辺の我が家のコツはまた改めてご紹介します。

 

で、そこで出てきた不要なものたち。まだ使えそうなもの、綺麗な物とか、捨てるに忍びないものもありますよね。

そこで今回、気になっていたフリマアプリ、「メルカリ」を使ってみました!

 

正直、ちょっとドキドキしました(^_^;)

色んなトラブルも聞きますし、巻き込まれたらどうしよう?みたいな心配も。でも、まずはやってみないとわからない。と言うことで。

メルカリを初めて利用して感じたこと

私が感じたのはこの3つ

・スピード感がハンパない

・こんなの誰もいらないのでは?と思ったものにも需要がある。

 =自分の価値観は案外あてにならない

・母数が多いところは問題も多いけど、やはり最強という事実

スピード感がハンパない

最初の出品物は、なんと10分後に購入されていましたΣ(゚Д゚)

 

「ほとんどの商品が、出品して24時間以内に購入されている」という言葉の通り、他に出品した物もほぼ24時間以内に購入されました。(ちなみに最短は出品後3分)

 

出品から発送、取引完了まで平均して3日。

 

これまでに経験していなかったスピード感で、これが時代なんだなって感じました。

ワーキングマザーをしていると、こういう作業もスキマ時間を縫ってやるわけなので、短期間で完了するっていうのは助かります(*^^*)

自分の価値観は案外あてにならない

今回、写真整理の方法を変えたので、これまで使っていたアルバムが不要になりました。

使ったものだし、部分的に破れたりもしているし。

「誰もいらないんじゃないかな~~」

と、思いつつ、出品してみました。(破れなんかも告知しました)

無印アルバム

そしたら、12冊出品して、全部売れたんですΣ(゚Д゚)!

 

「写真を整理したかったので助かりました♡」

 

というコメントと共に、入金されたお金を見て、

自分の価値観や物の見方なんて、案外あてにならないものだな~ってしみじみ。

母数が多いところはやはり最強

このスピード感も、需要も、実現してる理由はやっぱり「利用者が多いから」ですよね。

同じものを10人が見るのと、100人が見るのでは、欲しい人に出会う確率が全く違います。その分問題も多いけれど、やはり数が多いって、強み。

子供のことを考えた

こうやって、出品しながら子供のことをふと考えました。

カードやゲーム。遊びに夢中で、宿題を忘れることもしばしばの子供たち。

「ちゃんと将来やっていけるのかしら?」

とか、母親特有の心配をすることもあります。

夏のせせらぎ公園

でも、これから出会う人や、経験することの母数が多くなればなるほど、価値を感じてくれる人に出会う機会は間違いなく増えるわけです。

 

もしかしたら、私がまだ気づいていない部分に、ものすっごい価値が隠れているかもしれない。

それを発見して輝かせるには、この子達の世界を広げる、母数を広げる手段を知ってる事がすごく重要だなって。

 

そんなわけで、今までざっくり使っていたSNSも、もう少し丁寧に使うことにチャレンジ中。

いずれ子供たちのフォロワーになる日まで(笑)価値発見の母数、広げてみたいと思います(*^^*)

【日曜日始まりバーチカルの手帳作ってます】

巷であまり見かけない
『日曜日始まり・7日間均等割バーチカル』
の手帳を手作りしています。

仕様やご注文など詳しいことはコチラからどうぞ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください