7日間均等割

「土日のスペースが平日の半分」よく見かけますよね。

だけど、お母さんにとっては、家族や子供と動く土日こそ、結構いそがしい。

プライベートと仕事の境目があいまいな私にとっては、平日と同じスペースがどうしても必要でした。

だから7日間が均等のレイアウトにしています。

 

メモリは5:00~23:00まで

子どもが生まれてから、生活時間は子供中心になりました。すると「自分の時間」って、とても貴重になります。

その時間を取れるのは、早朝だったり、深夜になることも。

それでも、1日に5分でも10分でも「自分のための時間を取る」っていう意識は、女性にとってすごく大事です。

 

でも、市販の手帳の時間軸って「8:00から22:00まで」とかが多いんですよね。

そこで、5:00~23:00の時間軸に設定。

 

  • 一日の時間を細かく把握できる
  • すきま時間が見つけやすい。
  • 前後の段取りも組みやすい

 

「バーチカル」というタイプを採用しています。

薄いタテのライン

1日のスペースに、薄いグレーのタテ線が入っています。これは

  • 予定と実績
  • 自分の予定と家族の予定

など、分けて使いたい時の目安になる線です。不要な場合は無視して使っていただいてもちろん構いません。

関連記事>>段取り力を高める手帳の使い方とは?ウィークリーのこんな使い方

3ヶ月分のミニカレンダー

ウィークリーの右上に「前月・今月・来月」の3ヶ月分のミニカレンダーをつけています。

該当の週は網掛けをしているので、ひと目で今週がわかります。

ミニカレンダー

「先月のなんていらないんじゃない?」

そんなお声も聞こえてきそうですが、いえいえ。

 

「過去→現在→未来がひと目で見える事」

この感覚を、鳥の瞳は大事にしています。

 

左側のフリースペース

ウィークリーの1番左端は、フリースペースにしています。

以前、ユーザーさんから、

「この左端を土曜日として使うことで、土日にまたがる予定を把握しています」

という、アイデアをいただいたので、それにお応えする形で他の曜日と同じ罫線を引いています。

チェックリストやメモ欄としてもお使いいただけますよ。

 

下部のミニメモ欄

ウィークリーの下部にとったミニメモ欄。

一言日記や、ちょっとしたメモや記録として使えます。(写真は業務記録として使っているところです。)

オリジナル手帳のご案内