2ヶ月見開き

1ヶ月ってあっという間に終わりませんか?
だから、いつも追われてるような気がして。

そんな時、翌月の予定も把握してみると、驚くほど気持ちが楽になりました。
そこで、見開き二ヶ月のマンスリーを採用しています。

 

上部のフリースペース

カレンダーの上部にはフリースペースとして使える余白があります。

今月の目標とか、今月やることなどを記入することができます。

下部のメモ欄

カレンダーの下部には、メモ欄を設けています。

マンスリーの枠が少し小さめなので、

枠内には予定だけ。詳しいことはこのメモ欄と言った使い分けをすると便利です。

 

関連記事>>手帳って、どんな書き方をしたらいいんだろう? マンスリーを黒だけで書いてみた。

 

六曜・二十四節気・年中行事

六曜・二十四節気・雑節・年中行事を記載しています。

ただ、数字が流れるんじゃなく、季節の移り変わりを感じるポイントになりますよ。

 

関連記事>>土用の意味 知っていますか?私が手帳に雑節をのせている理由と一緒にご紹介します

 

関連記事>>「手帳に記載の暦を、行事や仏事の目安にしています」30代 男性

 

 

オリジナル手帳のご案内