日曜日始まり

私はかつて「土日出勤が当たり前」の生活をしていました。

金曜日までで終わらなかった仕事を、土日に出勤して片づける。というパターンです。

 

子どもが生まれるとそうもいきませんし、

なにより、日曜日で1週間が終わり、休む間もなく月曜日が始まるっていう自分のあり方を、根本的に変えたかったんです。

そんなわけで、見開きが土曜日で終わる日曜日始まりにこだわっています。

月曜日始まりの希望もいただくことがあるんですが、鳥の瞳の世界観ということで、ご理解いただいています。

ウィークリー上

 

A5サイズ(正確には数ミリ程度小さいです)

スケジュールにタスク管理、メモなど書くことは沢山あります。

サイズが小さいと小さな字で書くのが大変だしスペースが足らない。

そこで、見開きでA4程度取れるA5サイズにしています。

(製本時に周囲を裁ち落とすため、正確にはA5サイズよりも数ミリ小さいです。ご了承ください)

無線綴じ製本

製本は、背表紙部分を糊付けした無線綴じ製本。

その関係で180度パタンとは開けませんが1年の使用に耐えられる丈夫さがあります。

 

※少部数でも可能な、180度パタンと開ける製本方法を探しています。

(本当は糸かがり製本が理想なんです。)

ご存知の方はぜひコメントもしくはメッセージいただければ嬉しいです。

淡クリーム書籍用紙

長時間見ても目が疲れにくい淡いクリーム色。文庫本などにも使われる『淡クリーム書籍用紙』を採用しています。裏抜けもしにくいので、あとで見返す時に気になりません。

柔らかく優しい色合いは、書き込むたびにホッとします。

 

たっぷりのメモページ

見開きで1週間というパターンだと、メモページがどうしても少なくなります。

でも私は「沢山書くことで頭を整理する」タイプ。自由に書くスペースはタップリと取りたくて。

そこで、ウィークリーとウィークリーの間に、見開きのメモページを毎週入れることにしました。

どんなに沢山書いても、週があけるとまっさらなページがやってきます。

メモページをめくる

私は思い出を残すための旅ノートとしても使っています♪↓

1年間で3冊または4冊

ウィークリーの間に毎週メモページをはさんだら、どうしても気になるのが厚みと重さ。

「重たいのはイヤだけど、書けるページはいっぱい欲しい!」

そんなワガママを解決するために、1年分を3冊・4冊に分けています。

3冊版の仕様

※ウィークリーを6ヶ月で分けています。

 

1冊目:年間カレンダー・マンスリー・ガントチャート

→2019年1月~2020年3月まで記載

 

2冊目:ウィークリーとメモページ

→2019年1月~2019年6月まで記載

 

3冊目:ウィークリーとメモページ

→2019年7月~2019年12月まで記載

 

4冊版の仕様

※ウィークリーを4ヶ月ごとに分けています。

 

1冊目:年間カレンダー・マンスリー・ガントチャート

→2019年1月~2020年3月まで記載

 

2冊目:ウィークリーとメモページ

→2019年1月~2019年4月まで記載

 

3冊目:ウィークリーとメモページ

→2019年5月~2019年8月まで記載

 

4冊目:ウィークリーとメモページ

→2019年9月~2019年12月まで記載

分冊になっていることで、必要な部分だけを持ち歩けます。

3冊版と4冊版では重さや開き具合が違いますので、お好きな方をお選びください。

 

真っ白な表紙

表紙や背表紙には、ロゴや名前などが一切入っていません。

厚手の白い上質紙(180kg)そのままのシンプルな見た目です。

絵を描いたり色を塗ったり。マスキングテープでデコレーションもOK。もちろんそのまま使ってもいいですよ。

1冊の手帳 表紙は真っ白

 

製作裏話

本文のデータはExcelとCAD(図面を描くためのパソコンソフト)を使って作っています。

日付や曜日、祝日の赤表示などはExcelの関数を使って表示。点線などの補助的な部分にCADを使っています。

オリジナル手帳のご案内