私は手帳も、手帳の使い方も、人それぞれあっていいと思っています。

暮らし方や、考え方。仕事の状況など、環境が変われば、自分にぴったりくる時間の使い方や、手帳の使い方って変わりますしね。

 

だけど、「守・破・離」という言葉があるように、最初は真似てみることのできる基本パターンがある方が始めやすいのも確か。

ここでは、私自身がこれまで試してみた方法の中から、一連の流れになるものをピックアップしてまとめてみました。

 

基本パターンを作っていく際の参考にしていただけると嬉しいです。

これ以外の使用例などはこちらのカテゴリーからどうぞ

 

関連カテゴリー>>手帳の活用方法

 

まずは基本となるポイント

1>>スケジュール管理も片づけも最初はこれ。手帳の書き方最初のポイント3つ

 

2>>スケジュールを立てる時の手帳の書き方 全てのページに共通するポイントとは

マンスリーの書き方・使い方

3>>手帳のマンスリーの書き方 ちょっとしたコツをつかんで活用しよう

4>>マンスリーに自分以外の人の予定を書き込む時のポイント

マンスリーとウィークリーを併用する

5>>手帳のマンスリーとウィークリーの活用法 週に一度これをやって効率アップ!

6>>マンスリーからウィークリーへ転記する時の具体例

TODOを整理しよう

7>>把握してスッキリ!今週のToDoを書き出してみる

 

ウィークリーを活用する

8>>あっという間の人生をより大事にするために。ウィークリーでできること

ガントチャートを活用する

9>>ガントチャートって?こんなメリットがあるんです

10>>ガントチャートの使用例 どんな目的で使いますか?

11>>ガントチャートに予定を落とし込む

12>>ガントチャートを使ってゆとりを生むための一工夫

毎日の流れ

13>>毎日の流れとポイント

 

オリジナル手帳のご案内