私がADHDと気づくまでのこと(5)

※このカテゴリーの記事は、あくまでも一人の当事者としての目線から見たり、経験した出来事の記録として書いています。専門家としての意見ではありませんし、全ての方に当てはまるわけではありませんので、その点をご了承ください。

 

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

私がADHDである事に気づくまでの事を書いています。

 

前回記事>>私がADHDと気づくまでのこと(4)

 

関連記事一覧>>ADHDと気づくまで

 

ちょっとずつ、ゆっくりと。

とりあえず、”気づくまで” シリーズはここまで。

ここからは、改善のための工夫とか、対処方法とか、そういった事を記事に書いていこうと思います。

 

まずは、きちんと診断を受けなおすこと。(簡易なものしかしてないので)

そして、

  • できることを一つずつやっていくこと。
  • 自分に合った働き方や環境を整えていくこと。

丁寧に、焦らずやっていこうと思います。

 

ヘッポコだと優しくなれる

人は悲しみが多いほど、人には優しくできるのだから

(贈る言葉/海援隊)

created by Rinker
¥250 (2018/08/16 13:14:43時点 Amazon調べ-詳細)

まさにコレ↑

私はADHDだからってだけじゃなく、まあまあ、色んな面でヘッポコ(笑)です。

でもだからこそ、例えば子どもとか

がんばってるけど、上手く出来ない時の気持ち

が、とてもよくわかるんです。

 

それと同時に、どう言われたら傷つくか?も、痛いほどわかります。

だから、そういう場面は察知できるし、言葉を選ぶこともできます。

油断すると甘さになるのでそれは注意が必要ですが、

 

人の気持が理解できるチャンス

 

を、与えられたと思うので、それは良かったなあと思うんです。

水辺の花

これからのこと

プロフィールの中の、私の目指している未来でも書いたのですが、

発達障害のある無しに関わらず、人って誰しもどこか欠けていると思います。

その欠け具合は人によって違いますし、受け止め方も人それぞれ。

 

でも間違いなく言えるのは、欠けていることはマイナスにもなりプラスにもなるってこと。

そして、

  • 周囲や自分自身の受け止め方や考え方
  • 自分の暮らす場所や働く環境
  • どんな考え方の人と関わるか?

それによって、人生は暗くもなり明るくもなります。

 

関連記事>>プロフィール

 

自分の仕事や自分を取り巻く環境。そして自分自身。

180°いきなり変えることはできませんが、変わるように一つ一つ取り組むことはできます。

それこそ、人生かけてのライフワークになるだろうなと思います。

 

ホント、ここからスタートのその試行錯誤の過程を書いていくので、

それが私の子どもたちだったり、今この記事を読んでくださっているあなたに、何か1つでも役に立てば嬉しいです。

 

で、最終的に「細かい理屈」や「違い」なんか関係なく、目の前の人を抱きしめてあげられる

そんな生き方ができたら万々歳だなって、思っています。

↓イメージはこのMVみたいな感じ。私の大好きな♪ASKAさんのオフィシャルサイトからお借りしてます。

5分位なので、お時間がある時に見ていただけると嬉しいです♪

(ちなみに、CHAGE and ASKAが大好きです。ファンの方、ぜひ仲良くしてください(笑)

 

そんなこんなで。

こんな私ですが、今後共どうぞよろしくお願いします(*´∀`*)

 

関連記事>>自分の苦手にあえてチャレンジ!そうして見えてきたこと。わかったこと

 

関連カテゴリ->>改善のための工夫

 

【日曜日始まりバーチカルの手帳作ってます】

巷であまり見かけない
『日曜日始まり・7日間均等割バーチカル』
の手帳を手作りしています。

仕様やご注文など詳しいことはコチラからどうぞ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください