TODOリストを作るのが苦手 そんな時はメモページにマインドマップ!

頭の中だけでパッとまとめてTODOリストを作る

 

デキる人みたいで憧れますが、私にはムリ(笑)

なので、別の手法を活用したりしています。

物事をまとめて完結させるのが苦手な私。

こんにちは。 夏夕(かゆう)です。

私がADHDと気づくまでのことという記事でも書きましたが、物事を頭の中で完結させるのが苦手です。

 

関連記事>>私がADHDと気づくまでのこと(4)

 

なので、手帳を使ってやることを書きだして整理します。

関連記事>>オリジナル手帳のご案内

 

例えば、ウィークリーの左端。

ここは「今週やる事」を整理するスペースとして使うのに便利です。

ウィークリー左端

  • 上から仕事のこと
  • 下からプライベートのこと

と、書き分けていくと見た目にもわかりやすいし、頭の整理がしやすくておススメです。

いきなりリストにするのがむずかしい時は

ただ、これはある程度やることが整理できていないとムリで。

  • やる事が沢山ありすぎて枠に入りきらなかったり
  • そもそも、どれだけやる事があるのか頭の中で整理できていない時

こういう時は、いきなりリストとして書き込むのがむずかしいし、書いてもゴチャゴチャしてしまって、返ってわかりにくくなる・・・となりがち。

 

なので、その場合は、いきなりゴールを目指しません。

ホップ、ステップ、ジャンプ!的に、段階を追っていきます。

具体的な方法は?

手順としては

  1. ザックリと分類
  2. 全部出してみる
  3. 実行する

という感じ。私のやり方をご紹介していきますね。

 

ザックリ分類して全部出す

使うのは、ウィークリーの間のメモページ。

 

関連記事>>オリジナル手帳のご案内

 

ここに、マインドマップ形式で書く事を出していきます。

1)中央に「日付」を書いて囲みます。

2)それから、ざっくりとした分類で枝を伸ばします。

この分類は、「仕事A」「仕事B」、、のような仕事上の区別でも良いですし

「自分」「母」「妻」「会社員」・・・・みたいな役割別でもOK。

3)枝を自由に伸ばしながら、やることを書き込んでいきます。

該当する分類の枝を伸ばして、その先にやることを書き込みます。

マインドマップの良いところは、枠組みが決まっていないので自由に書き足せる点。

 

頭の中の大そうじをするように、書きだしていくと、頭の中がスッキリしてきます。

1色で書いて塗り分ける

マインドマップって、カラフルな色で分けて書くのが一般的です。

 

でも私はそれが苦手で・・・

「次は何色にするか?」と考えると、書くのが止まってしまうんです(汗)

なので、書き出す時は何も考えずに1色で書き出し。後で色鉛筆などで色をつけて、見た目をわかりやすくする。という方法を取っています。

ここはお好みで決めて下さいね(#^^#)

 

具体的な計画に落とし込む

一覧で書き出すと

  • 翌週に持ち越せること
  • やってもやらなくてもいいこと

なども見えてきます。

スッキリしたら、これを見ながら優先順位を決めて、予定に落とし込んでいきましょう。

思いついた時に、書ける場所が決まっているとどんどん忘れる事ができるので、頭の中がクリアになります。

マインドマップは後から書き足しができるのも長所の一つ。

アイデアを思いついた時、やる事が増えた時。ここに書き足す!と、決めておくと迷わないでいいので、時間の無駄が減ります。

私の手帳にはメモページが沢山なので、遠慮なくガンガン使って下さいね(#^^#)

鳥の瞳ライフ無料メールマガジン

鳥の瞳ライフのメルマガを始めました。
ブログやSNSでは書けなかった本音をプラスしてお届けします。

【お届けする主な内容】

☆ブログ更新情報 
☆SNSでは書けなかった本音のつぶやき
☆日曜日始まりバーチカルのオリジナル手帳に関する最新情報

あなたのご登録、お待ちしています(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください