時間を見える化して把握するのに 便利なマーカー

仕事場に挨拶に来てくださった業者さんから、フリクションの3色ペンをいただきました。ペン軸がカラフルでいい感じ♪

ありがとうございます(*´ω`*)

毎日の暮らしに色をつける

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

 

色がある世界っていいものですよね。

空の青、夕焼けの赤、なんとも言えない月の色。

自分の目で色が見れるって幸せだなあといつも思います。

ゆうやけ空

色があるとメリハリがつきますよね。暮らしもそう。

手帳に書いたスケジュールも、色でメリハリをつけると、グンと分かりやすくなります。

 

書き込むペンの色とは別に私はマーカーを使って、時間枠を囲んだりします。その時に愛用しているのが

『マイルドライナー』

何度もリピートしている愛用品(#^^#)

 

カラフルなものは並べると、それだけで嬉しくなります(*´ω`*)あまりに好きなので、たくさん揃えてしまいました(^^;
(ジュエリーとかより、こっちの方が嬉しい変わり者です(笑)

たくさん使いすぎるとごちゃごちゃ。3色くらいがおススメ

マイルドライナーは、一般的な蛍光ペンと違い、発色がとてもやわらか

  • 書類にラインを引いたり
  • リストをチェックしたり

といった、仕事でも活躍します。

色合いが柔らかいので、元の文字以上に主張しなくて、でも分かりやすく目立つ。すばらしいー♪

 

中でも、最もリピート率が高いのがこの3色。

オレンジ、水色、緑の、3色です。

気に入って沢山買ったんですが、色が多すぎると返ってごちゃごちゃして見にくいんです。

どの色がどんな内容だっけ?

と、一瞬考えちゃうのも、時間がもったいない。なので、3色くらいがちょうどいいと感じます。

私の色分け方法は、

私がマーカーで手帳を塗る時の色分けルール。一応決めてます。

  • オレンジ → 自分の時間
  • 水色 → 仕事の時間
  •  → こどもや家族との時間
  • オレンジは、太陽の色、希望や明るさ、未来をイメージする色だから。
  • 水色は、冷静さや落ち着きを表すので、そういった力が必要な仕事に。
  • 緑は、安らぎや穏やかさ、幸せなワクワク感をイメージする色。家族と過ごす時間は私にとってそうだから。

 

きちんと色について学んだわけでは無いので、あくまでも私のイメージですが(^_^;)

 

それから私は、手帳にスケジュールを書き込む時、まずグリーンでお休みを囲むのでその時に使います。

関連記事>>スケジュールを立てる時の手帳の書き方 全てのページに共通するポイントとは

 

目に見えない「時間」を見える化することのメリット

時間って目に見えないので、ムダに使っていても分かりにくいんですよね。

これが、もし水道の水のように見えれば、ダラダラ流れているのが一目瞭然なので気がつくんですが。

水

で、大体時間が流れてしまったあとで気がついて、

「え!もうこんな時間???!!」

みたいな事になりがちです(^^;)

 

過ぎ去った時間を戻すことはできませんが、

  • 何に使ったか?
  • どのように使ったか?

を自覚すれば、次に活かすことができます。

 

「目的」「色」を決めて、使った時間を手帳に書いて色分けすることで、自分の時間の使い方を感覚的に捉えることができます。

 

まずは先週一週間。何に使ったか?書いてみてくださいね(*^^*)

 

色以外にも、手帳の使い方を工夫しています。

主なものを一覧にしてみましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

関連記事>>使い方ガイド

 

鳥の瞳ライフ無料メールマガジン

鳥の瞳ライフのメルマガを始めました。
ブログやSNSでは書けなかった本音をプラスしてお届けします。

【お届けする主な内容】

☆ブログ更新情報 
☆SNSでは書けなかった本音のつぶやき
☆日曜日始まりバーチカルのオリジナル手帳に関する最新情報

あなたのご登録、お待ちしています(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください