ポイント:価値観というルールの存在に気づきましょう

 

理由:~ねばならない、~すべきというマイルールに自分でしばられていることに気づかないから、どんどん苦しくなるんです。

 

例:早期英語教育のパンフレットが来た

→焦り、悲しみ→子どもには良い教育を受けさせねばならない、他の子に遅れを取らせてはかわいそうである、【価値観】親は子に良い教育を受けさせるべき、失敗してはならない、

もしこれが、DMは信じてはならないとか、早期教育は子どもの成長を阻害する、が正しいとしたら、、、焦ることも悲しむこともないですよね?持っている価値観によって、起こる感情や思考は大きく変わります。

 

ポイント:価値観というルールの存在に気づきましょう

 

質問6:最近起こった出来事を一つ上げて、その時に起こった感情と、そこに至るまでの思考、そしてそこにある価値観が何かを書いてみましょう。【ヒント】価値観は、~すべきである。~でなくてはならないといった形で書くとわかりやすいです。

無料メールマガジン~視点を変えるヒント集~

・自分の子どもには自分らしく生き生きとした人生を送ってほしい。
・人と比べない、自分の良いところを伸ばして育って欲しい。

そう思ったら、そばにいるあなた自身が、まず自分の本当の良さに気づいて、生き方も働き方も変えてその背中を見せてあげませんか?

自分や暮らしを見る視点を変えるために必要なヒントをメールでお届けしています。
 
ぜひご登録ください。