ポイント:これからどうしたいのか?を自分で決めましょう

 

理由:自分が持っている価値観に気づいたら、

次に同じことが起こった時にどうするかを考えることによって、少しずつ人生を自分の望む方向に変えられます。

 

例:前回の、「子どもに失敗させてはならない」という価値観の場合、

 

「でも本当は困難を自分で乗り越えられる人になってほしい」という願いがあるのであれば、【DMやネットの情報には今は極力ふれないようにする。】【本人がやってみたいというときを待つ】【気になったら自分で調べればいい】という風に、自分の新しいルールや対策を考えます。
こうすることで、少しずつ、自分に起こってくる出来事についての対策や行動ができ、その結果人生がかわっていきます。

 

ポイント:これからどうしたいのか?を自分で決めましょう

 

質問7:最近起こった出来事を一つ上げて、【事実】【感情】【思考】【価値観】【気づき】【具体策】の、6項目を書いてみましょう。

無料メールマガジン~視点を変えるヒント集~

・自分の子どもには自分らしく生き生きとした人生を送ってほしい。
・人と比べない、自分の良いところを伸ばして育って欲しい。

そう思ったら、そばにいるあなた自身が、まず自分の本当の良さに気づいて、生き方も働き方も変えてその背中を見せてあげませんか?

自分や暮らしを見る視点を変えるために必要なヒントをメールでお届けしています。
 
ぜひご登録ください。