ハンドメイド作家さん、納品や製作のスケジュール管理にもガントチャートが便利です

先日夫が買った、新しいカップ。

お店ではなく、たくさんの作家さんが出店する iichi (イイチ)というサイトで見つけました。

ハンドメイド作品の製作に必要なこと

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

最近はこんな手づくり品を販売するサイトも多いですね。私の手帳を販売させていただいているのもそういうサイトの1つです。→サイトはこちら★★★

 

沢山のサイト、作品、沢山の作家さんの中から、自分を選んで注文していただくって、とてもありがたいことだとしみじみ思います。

 

注文が入ったら心を込めてお届けするために作るわけですが、この時に必要なのが、

  • 何を
  • いつまでに作るか?

納品の予定日をきちんと守るためのスケジュール管理ですね。

 

そんな制作や納品管理にもガントチャートは便利です。

ガントチャートで製作日数を見える化する

仮にポーチやバッグを作るとしましょう。

まず、作る品物を一段ごとに割り振ります。

工程把握のガントチャート

次に、それぞれの締め切りを書きます。

 

作業できない日にバツ印や斜線を引いてブロック。

締切から逆算して、日数を書き込んでいきます。

(写真の中の9,8,7・・みたいな数値です)

 

実際に動ける日数がわかります。

あとは、進み具合や残りの日数を時々確認しながら作業します。

  • 外注しないといけないことがないか?
  • 注文しておかないといけないものがないか?
  • 作るのに時間がかかることはないか?
  • 寝かせておいたり、乾かしたりという余裕は必要ないか?

こういった事も、チェックポイントの一つですね。

要領の悪さを補うため

私の仕事は設計なので、業者さんに検討をお願いすることも多々あります。

そういう時、相手に迷惑をかけないように、ここでおおよその段取りを組むようにしています。

 

提出直前になって「コピー用紙が足りない!!」とかならないように、前もって備品のチェックもできますしね。

 

・・・というか、そういう失敗を私が沢山してきたんです(汗)

沢山して、その度に

 

ああ~私ってなんて要領悪くてバカなんじゃろ~~~!!!

。゚(゚´Д`゚)゚。

 

と、落ち込んできたんです(涙)

 

こういう段取りが頭の中で「サササッ!」と、できちゃう人はいいんですけど、できない私はガントチャートに頼りっぱなしでした。

アプリなどでもこういう管理ツールは沢山ありますが、私は電源・起動に関係なく

  • サッと開いて
  • サッと確認できて
  • サッと書き込める

アナログの手帳が一番気楽に使えるんですよね♪

  • いつまでに
  • どのくらいの日数でやるのか?
  • 休む日、できない日を決めておく

意外に少ない時間でやらないといけないことがわかったりするので、適度に焦ります(笑)

〆切がある事をやる時に、試してみてくださいね(*^^*)

鳥の瞳ライフ無料メールマガジン

鳥の瞳ライフのメルマガを始めました。
ブログやSNSでは書けなかった本音をプラスしてお届けします。

【お届けする主な内容】

☆ブログ更新情報 
☆SNSでは書けなかった本音のつぶやき
☆日曜日始まりバーチカルのオリジナル手帳に関する最新情報

あなたのご登録、お待ちしています(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください