手帳についているガントチャートの使い方 建築設計の場合

え~と。突然ですが。今更ですが。
私、要領がとても悪いんです(^_^;)

 

常に目の前のことでいっぱいいっぱいになるから、状況がわからなくなるし、先を読むことができない。

そんな私がついた建築設計の仕事。

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

建築の仕事は、一つの工事や設計が進むんじゃなくて、いくつかの物件が同時進行します。

 

・まだ計画中
・実際に形や予算が決まって設計中
・計算が終わって図面を書いている
・役所に提出してチェックを待っている

 

締切も進行状況もバラバラなので、それぞれ把握するのがとても大変でした。

 

その段取りヘタで、周りに迷惑をかけたことも数知れず。そのたびに落ち込んでいました。

 

そんな私が使いはじめて助かったのが「ガントチャート」なんです。

どういう風に使っているかご紹介します。

まず、左端に自分が受け持っている物件を書き出します。翌月にまたぐものは、それも書いておきます。

 

それぞれの締め切りを書いたら、
それの手前3日~7日位前に自分の締め切りを設定します。

下の写真の場合だと、本当の締め切りは20日だけど、
自分の中での締め切りを17日に設定しておくわけです。

これは、予定外の事態に対応するため。冬場だと、子供が急に熱を出して仕事を休む・・・なんてこともありますから。

 

そうしたら、仕事を休む日、出来ない日に斜線を。
「結婚式に出席する」など、自分の予定も書いておいて、そこは休めるように仕事を組んでいくとプライベートが犠牲にならずにすみます。

以前は、「仕事だから仕方ない・・・」を、言い訳によく使っていましたが、本気で何とかしようと思ったら、だいたい何とかなるんですよね^^;

 

だからプライベートを大切にする日は先にとって、残りでどうするかを考えるように心がけています。

 

そしたら、それぞれの仕事で段取りを組んでいきます。

・いつ頃、何をやらないといけないか?
・全体の流れの中で、今日はどのあたりなのか?
・おおよそ何ができていないといけないのか?

逆に、今、やらないで良いことは何か?

 

これが見えるとラクになるし、ガントチャートの
強みでもありますね(#^^#)

【日曜日始まりバーチカルの手帳作ってます】

巷であまり見かけない
『日曜日始まり・7日間均等割バーチカル』
の手帳を手作りしています。

仕様やご注文など詳しいことはコチラからどうぞ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください