意外な形で夢が叶うこともある

先日、長男が12歳(2018年10月時点)の誕生日を迎えました。

ささやかですが、ケーキを作ってお祝いしました。

手作りケーキ

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

子どものおかげで経験できたことって、そりゃあもう沢山あるんですが、

そのうちの大きな一つが「夢は意外な形で叶う事がある」という事です。

子どもの頃抱いた小さな夢

私が、自分が小学生の頃から抱いていた1つの夢があります。

 

それは、帰宅した子どもを家で待っていて、

「おかえりなさい」

って、言って出迎える生活。

たいちゃんと私

私自身が小学生の時、学校で色んな事があっても、

家に帰ったら「おかえりなさい」と出迎えてもらえたことは

ホッとしたし、嬉しかったんですよね。子ども心に。

 

だから、自分が母親になったら同じ様に

「おかえり」を言ってあげたいと思ったんです。

 

夢を叶えるためには、の思い込み

そのためには「仕事を辞めないとダメだ、ムリだ」と思っていた6年前。

仕事を辞めるために起業ママになる

以外の選択肢が全く見えずに、そりゃあもう、

ウロウロウロウロと彷徨っていました(苦笑)

 

だけど、夫と一緒に約4年前に独立して、

約2年前に自宅近くに仕事場を移したら

学校帰りに子どもが寄るようになりました。

 

「ただいま!」と仕事場に帰ってくる子どもに

「おかえりなさい」って、言えるようになりました。

兄弟2人

 

意外な実現の形

現状、完全に元の仕事を手放せてはいないし、お休みの日に出ることもしばしば。

でも、これは、間違いなく私にとっては

「夢が叶っている」状態

なわけです(*´ω`*)

 

6年前に自分が頭の中で思い描いていた形とは

違うかも知れないけど、私が大事にしたかったのは、

「誰もいない真っ暗な家に、子どもを帰すのを辞めたかった」

ということだから。

 

あ、「独立開業しようね」とか「起業オススメだよ」とか言ってるわけでは全然無いです(^_^;)

人によって状況は違いますので(念の為)

思い込みを外せば見えることもある

「仕事やめなきゃムリ!」
「自宅にいなきゃムリ!」

って、自分で自分をがんじがらめにしちゃうと、

意外なところにある解決策に気が付かなかったりするなあと、しみじみ思うんです。

 

ちょっとだけ引いて、高いところから見る

そう、「鳥の瞳」のような視点で見る。

 

そうしないと、宝物を見過ごすこともあり得るよなあと思う今日このごろです。
(*´ω`*)

 

あ、写真は、内容とは全然関係なくて。

「人類の進化」らしいです。なんじゃそりゃ(笑)

人類の進化

鳥の瞳ライフ無料メールマガジン

鳥の瞳ライフのメルマガを始めました。
ブログやSNSでは書けなかった本音をプラスしてお届けします。

【お届けする主な内容】

☆ブログ更新情報 
☆SNSでは書けなかった本音のつぶやき
☆日曜日始まりバーチカルのオリジナル手帳に関する最新情報

あなたのご登録、お待ちしています(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください