手帳のマンスリーとガントチャート どちらをメインにするか迷ったら

私の手帳についているマンスリーとガントチャート。

どちらも、1ヶ月から2ヶ月。中短期のスケジュールを把握するためのツールです。

『じゃあ、どっちを使えばいいの?』そんな疑問にお答えしますね。

目安は、一日に入る予定の量

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

ポイントの一つは『一日に入る予定の量』

把握しておかないといけない予定や約束が、1日に3件で収まるなら、月間カレンダーをメインに使うほうが把握しやすいです。

 

 

4~5件の予定が入ると、月間カレンダーには書ききれないし、書いてもゴチャゴチャするので、わかりにくくなるんですよね(^_^;)

見た目の感覚で把握するタイプかどうか

もう一つのポイントは『見た目の感覚』です。

カレンダーは見慣れたスケジュール管理ツール。
それに比べると、ガントチャートは見なれないツールかもしれません。

「使いにくになあ~~」
「見にくいなあ~」

という気持ちが強い時は、無理せずにカレンダータイプをメインに使いましょう。

こういう事を手がける場合は、ガントチャートは便利

例えば、ピアノやヨガのレッスン、カウンセリングのように、

『一人のお客様に対して予定を把握する必要がある場合』は、

カレンダータイプよりもガントチャートが向いています。他にも、

『イベントの実行など、複数の人が同時に動く場合』

『設計のように複数の仕事が同時進行する場合』なども、ガントチャートは役立ちます。

 

毎日の管理でなくても、時々チェックに使う という方法もありますから活用してみてくださいね(*^^*)

【日曜日始まりバーチカルの手帳作ってます】

巷であまり見かけない
『日曜日始まり・7日間均等割バーチカル』
の手帳を手作りしています。

仕様やご注文など詳しいことはコチラからどうぞ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください