ママ起業を目指したけど辞めました。その理由とは

世の中には沢山の資格がありますね。

◯◯士、◯◯インストラクター、◯◯コンサルタント。

週末起業や副業、ママ起業、起業女子みたいな言葉がキラキラして、まるで全ての悩みが解決するかのように私には見えていました。

だから目指したママ起業。・・・でも結局やめたんです。

この記事は、「子どもとの時間が欲しい」輝く自分でありたい!」だから資格を取ろう!ママ起業しよう!と思っていた当時の自分への自戒をこめて書きます。

なんでママ起業なんですか?

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

ママ起業を目指した当時の私は「起業する」以外の選択肢を持っていませんでした。と言うよりも、他の選択肢があるなんて発想がそもそもありませんでした

でも、それってすごく理由としては弱いんですよね。

 

  • 沢山ある選択肢の中でどうしてもママ起業しかない!と腹をくくった時と
  • ママ起業以外の選択肢を知らないからこれしかない!というのは、

 

同じママ起業でも意味が全然違います。なので、当時の私に突き刺すように問いかけたい。

 

「なんでママ起業なんですか?」

「本当に、他の選択肢ないですか?」

 

働き方を変えないと後悔すると思った

ワーママとしての転機「絵本事件」という記事で書いたのですが、そもそも私が起業しようと思ったのは

「子どもが幼い時間をもっと大切に過ごしたい」もっと言えば

 

幼い子どもの心に、”寂しい”という思いを根づかせたくない

 

という、強い思いからでした。

関連記事>>ワーママとしての転機。「絵本事件」

 

残業や休日出勤が多い中、このまま「仕事だから。仕方ないから」の一言で片づけてしまってたらいずれ

「お母さんは仕事が一番大事なんだろ!!」

割れたグラス

そう言わせてしまうと、すごく怖くなったんですよね。

取り越し苦労と言われれば。考え過ぎと言われればそうかもしれません。

でも、そのモヤモヤを抱えたまま時間だけが過ぎていくのが。手が打てる時に何もしないで、後で悔いばかりが残るのがどうしてもどうしても絶えられなかったんです。

ママ起業すれば解決すると思った

子どものとの時間を大事にしたい。

→ 働く時間を減らさないと

→ 今の仕事ではそれはムリ

→ 自分で自由のきく、ママ起業をすればいいんじゃない?

→ そのために資格を取ろう!

 

実は、ワタクシ、片付けの資格を持っておりまして・・・。
最初「これで稼いでやろう!」と考えておりました(-_-;)

 

でも、辞めたんです。私が目指してるのは、
「スッキリ・シンプル・オシャレな生活では無い」と気がついたから。

 

もちろん、そこだけが片付けや整理収納の目指すところじゃないことは分かってます。わかってるけど、今の片づけブームの中で、多くの人が求めたり惹かれるのは

「スッキリ・シンプル・オシャレ」

ってのもまあ、事実じゃないかなと。

coffe

でね、ママ起業なんだから、その期待に応えるべく家の中を片づけ始めて。すごい変ったわけです。

  • 最終的に、どうなったらOKがだせるのか明確にする。
  • 現状、どんな動線になっているか確認する。
  • 今自分が持っているものを明確にする。
  • 本当に必要なものだけを残す。
  • 使いやすい場所にしまう。
  • ラベリングが見やすいのか?色別がみやすいのか?
  • 家族にとってやりやすい方法はなにか?
  • 自分と家族でやりやすい方法は違わないか?

まだまだ奥深いのですが、こういう事をちゃ~んと意識していくと、家の中が変わります。

 

なんていうかな。ぎゅうぎゅうに詰まったスペースに、風穴があく感じ?
ちょっとすき間ができると、そこからどんどん気持ちの良い風が流れ込んできて、家の中の空気が変わります。ホンマに。これはぜひ一度経験してほしい。恐るべし片づけ。

 

だけど我が家には、小学生の男の子が2人います。しかも発達凸凹系。

 

つまり、決してこっちの思うとおりにはなりません。どんな方法を試しても、2週間と続かず仕組みが崩れていきます。もちろん本当はいいんですよ。試行錯誤で。そんな簡単に思うとおりにはいかないもんです。

 

だけど、私は「ママ起業だ!片付け講師になって稼ぐぞ!」って、そこにゴールを設定しちゃってたから、キレイにしてもしても、仕組みが崩れていくのが本当にしんどくなって。挙句の果てにはイライラし始めてしまいました。

THE・本末転倒(苦笑)

 

ママ起業=(私にとって)人と比較する環境

資格を取るとね、同じ資格を持って、華やかに活躍してる人が気になって仕方ないんです。講座やセミナーの回数。メディアに取り上げられた報告だったり、月収いくらになりました!みたいなこととかね。

 

「比較しなくて良い」って言ったって、同じ土俵で稼ごうと思ってるのに、気にしないでいられるほど、メンタルが強くないんだなと、今更ながらに気がついた私は決めました。

 

さらば資格。人と比較する環境。

 

人はそんなにすぐ変わらないんです。もちろん変化はしますけど、さなぎになった翌日、すぐに蝶になれないのと同じで、時間がかかるんです。

 

じゃ、どうするか?手っ取り早いのは「環境を変えること」

 

自分が変わらなくても、環境が変われば強制的に色んな事が変わります。私の場合は、比較したくないのに人と比較しちゃう。家族を大事にしたいのに、家族にイライラしてしまう。そういう原因になっていた「ママ起業」を手放すことで環境を変えました。

 

比較する環境を手放してみたら

ママ起業を手放したことで、資格をとって学んだことやそこで出来た人との繋がりが「お金を得るための手段」ではなく「自分たちの暮らしをよくするための力」に変わりました。

人に見せる魅力的な家である必要はないので、少々散らかっていようが、掃除が行き届いてなかろうが、

「ちらかっとるんよ~、ごめんね~♪」の、一言ですみます。

「全然構わんよ~、ウチもおんなじじゃけ~♪」と、必ず返ってきます(笑)

この気兼ねしなくていい感じ、本当にラク♡

 

子供たちにも一緒です。散らかってても、作った仕組みがうまく行かなくても、

「じゃ、違う方法を試そう!大丈夫。まだ道は長いし♪」

と、構えられるようになりました。

 

それよりも、笑いながら一緒にテレビ見たり、話ができる時間の方が、私にとって

  • 「人生の中で大切にしたいこと」
  • 「お金に変えられない大事な大事な、大事な!!!宝物だ!」

と、ハッキリと自覚できました。

 

問題は私自身のあり方だった

誤解が無いように言っておくと、資格が悪いんじゃないです。むしろ学んで取って本当に良かったです。人生変えるくらいの大きな影響がありました。

そこで出会った人々も、経験も、大事な大事な宝物です。

 

だけど、「資格=稼ぐ手段」という見方になった瞬間に、見えなくなったり、履き違えることが沢山でてきてしまったんですね。私の場合。

だから、「資格=稼ぐ手段」という見方を捨てて、「資格=人生をよりよくするための手段」という見方に変えました。

 

変えたら暮らしが変わりましたし、

「ママ起業一択しか選択肢を持とうとしていなかった自分」

「しかもそれが絶対正解ではなかったこと」

に、ようやく気がつけたんです。

 

まとめ

  • それ、何のためですか?
  • 誰のためですか?
  • それしか方法がないですか?

これにきちんと答えられない時は、途中で道を踏み外しやすい。

私はココが曖昧だったので、ママ起業を途中で辞めました。

ちなみに「働き方を変える」という目的が明確だったから続けられているのがこのブログです。

転々としながら、実はもう6年くらい書いています。

関連記事>>継続は力なり。ブログを6年間書き続けて得た大事なもの

 

これから先も色んな選択の場面が出てきますが、この問いかけにきちんと答えられる自分でいようと思います。

何かしら参考になれば嬉しいです。

【日曜日始まりバーチカルの手帳作ってます】

巷であまり見かけない
『日曜日始まり・7日間均等割バーチカル』
の手帳を手作りしています。

仕様やご注文など詳しいことはコチラからどうぞ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください