土用の意味 知っていますか?私が手帳に雑節をのせている理由と一緒にご紹介します

こんにちは。夏夕(かゆう)です。

毎年夏になると、あちこちで見かける「うなぎを食べよう!」という広告。

友人が案内をくれるので、少しですが毎年注文していただいています。

そう、それは「土用(どよう)の丑の日」

この土用。「丑の日」でなくても、年に何回かあるんですよ。

 

土用は、雑節(ざっせつ)という暦の一つ。

これは、日本の農作業や、気候風土といった、生活文化から生まれた、『日本独自の暦』です。夏至とか、秋分とかって、実は中国生まれなんですよ。

雑節は、日本人が昔から、季節と一緒に生きてきた証でもあるんですよね(*^^*)

ちなみに、他の雑節にはこんなのが。
↓↓↓

● 節分(せつぶん)
● 彼岸(ひがん)
● 社日(しゃにち)
● 八十八夜(はちじゅうはちや)
● 入梅(にゅうばい)
● 半夏生(はんげしょう)
● 二百十日(にひゃくとおか)
● 二百二十日(にひゃくはつか)

なじみ深いものもありますね。

 

土用は、他と違って特定の日ではなくて、

■ 立春
■ 立夏
■ 立秋
■ 立冬

の、それぞれ「直前18日間」を指します。

 

そして、『今年はサル年』のように、日付にも十二支が割り振られていて、土用の期間中に、丑の日が重なった場合、『土用の丑の日』と、呼ぶわけです。

決して、夏のうなぎのためだけにあるわけじゃありません(笑)

なければ無いで、困るわけではないけれど。

暦って、なければ無いで、特に困るわけじゃありません。手帳ではスペース取りますし(^_^;)

(実際「暦いらないんで無くしてもらえませんか?」という要望をいただいたこともあります。)

 

けど、巡ってくる季節や節目を、折に触れて意識できる。大切にできる生活ってとてもステキだと思いませんか?

そんなきっかけにしたいなと、私が作る手帳では、暦を標準仕様にしています。

【日曜日始まりバーチカルの手帳作ってます】

巷であまり見かけない
『日曜日始まり・7日間均等割バーチカル』
の手帳を手作りしています。

仕様やご注文など詳しいことはコチラからどうぞ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください